ホームの中の採用情報 : 社員インタビュー 安田 俊彦

社員インタビュー

安田 俊彦

入社のきっかけ・決め手は?

第一印象は「面白そうな建築物を建てているな」

環境システム工学科を卒業し、コンサルティング関連の仕事を探していた頃にアシーズのことを知り、この会社なら建築コンサルタントのような形で働くことができるのではと考えました。印象的だったのは初めて本社社屋に入った瞬間。「面白そうな建築物を建てているな」というイメージを持ちました。

所属部署の業務内容について

現場監督として店舗・マンション等の工事を管理

建築工事及び内装工事現場の現場監督を行っています。業務内容は、設計図を元にした施工図の作成・工程管理・予算管理・安全管理等、建設工事全般で携わる建築物は主に店舗関係(改装も含む)とマンション関係です。工期は大体2ヶ月から4ヶ月くらいで、1年間に4・5件ほど建てています。建築物を建てることが私達の仕事ですが、それに付け加えて、店舗においては「繁盛店づくり」、マンションにおいては「土地の有効活用」を提案していくことも大切な業務です。

あなたの考える「アシーズの強み」とは?

営業や設計の段階からお客様にプラン提案できること

営業段階・設計段階からお客様と直接やり取りする中でプランをご提案し、そのニーズに応じた建物を一から作ることができる点です。また社風としては、上から下まで分け隔てなく和気あいあいとしていますね。もちろん厳しさもありますが、社員同士がいろいろな話し合いをしながら、アシーズの仕事を形にしていくという良さがあります。

業務の中で「最もやりがいを感じる瞬間」を教えてください。
難工事をやり遂げ、無事お引き渡しできたときの喜び

どの物件にしても、予定通りに完成・引き渡しできたときの達成感はたまりません。ただし季節や天候の影響を受ける仕事なので、大変なときもあります。入社して4年目に携わった大型の浴場施設の現場は、施工難易度が高く毎日が勉強でした。その分竣工時にはとても大きな達成感が得られ、自分の成長を感じることもできました。お客様のニーズに応えるために苦労をすることもありますが、そのときの達成感こそ最大の喜びであり、やりがいでもあります。

これから採用を目指す方へメッセージをお願いします。

さまざまな建物の現場管理を、数多くこなす醍醐味がある

アシーズで経験を積めば、路面店からマンションまで多方面の建築工事・内装工事の現場管理を、ほぼ一人で担当できるようになります。この道を目指す方にとっては、とてもやりがいのある魅力的な環境だと思います。

エントリー

このページの先頭へ戻る