アパート・マンションイメージ

ホームの中の 医療介護施設の中のなぜ今、サ付き住宅なのか?

なぜ今、サ付き住宅なのか? | アシーズの医療介護事業 | 土地オーナー様5つのメリット | 医療介護事業者様5つのメリット | 事例紹介 >医療介護のトップへ

なぜ今、サ付き住宅なのか?

高齢者世帯や要介護者の急速な増加に応じて、国土交通省が実施する「サービス付き高齢者向け住宅整備事業」では、基準を満たした建物には建設工事費の1/10、または一室当たり100万円×戸数のいずれか低い方を上限として、補助金が交付されます。所得税・固定資産税などの各種税制優遇もあり、高い収益性と安定経営が可能な今最も注目される土地活用です。

サービス付き高齢者向け住宅とは?

「サービス付き高齢者向け住宅」とは、高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住できる賃貸などの住まいのことです。平成23年、「高齢者住まい法」の改正により創設されました。床面積原則25㎡以上、バリアフリー、少なくとも安否確認・生活相談サービスを提供するなど、さまざまな登録基準があります。

更に詳しい情報はこちらをご覧ください。

サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム

国土交通省・厚生労働省のパンフレット(PDF) 


参考事業計画

総投資額の9.6%(年利回り)でのご提案 ※補助金をご利用された場合

20年間一括借上げ年間家賃収入

※1 投資費に関しては当社基準工事以外の外構工事・地盤補強工事などは含まれておりません。

※2 建設地の条件によって変動します。基準工事に関しましてはお気軽にお問い合わせください。

なぜ今、サ付き住宅なのか? | アシーズの医療介護事業 | 土地オーナー様5つのメリット | 医療介護事業者様5つのメリット | 事例紹介 >医療介護のトップへ

このページの先頭へ戻る